2018年11月19日月曜日

 2017年度決算議会が11月8日から14日(知事総括質問)まで開催され、菊地が担当しました。
それに先立ち10月12日から11月2日までは書面審査があり、長期間にわたる決算議会との印象です。さすがに知事総括、不認定討論を終えたら「おわったー!」と心が叫んでいました。


☆質疑の一部を紹介します。 


工業用水道事業会計についてです。
比較的経営が安定している室蘭工水のほかは石狩工水、苫小牧工水ともに厳しい経営が改善されず長期借入金は2017年度末で44億5千万円に上り、返済のめどがなかなかつきません。
企業局は需要の拡大や支出の抑制等で経営改善に努めるといいますが、これまでも同じ答弁を繰り返しています。
 豊富で良質な工業用水があればそのことを呼び水にして企業を誘致できるような経済状態でしょうか。室蘭工水の優良顧客であるJXTGエネルギー株式会社が経営再編を計画していて工業用水の需要がなくなるような見通しです。経営悪化に拍車がかかりそうでもっと危機感を・・・と指摘しました。


子ども医療費助成の拡大を


北海道の調査では「医療が必要な時に医者に見せることができなかった」との回答が2割になりました。
国の助成制度がなかなか前進しない中、都道府県や市町村が厳しい財政の中助成拡大に取り組んでいます。中には高校卒業まで助成対象にしている県もあります。
 北海道は1割負担を温存したままで他県との比較でも最低レベルの助成です。
 お母さんたちが中心となって集め、毎年知事に提出している「こどもの医療費助成の拡大を求める署名」は今年すでに4万筆を超えました。
 知事は子どもが体調を崩し医者に見せなければと思いながら真っ先にお金の心配をしてしまう親の気持ちに寄り添い、道として助成制度の拡大をと求めました。
 高橋知事は「全国一律の助成制度の創設が求められる」とにべもありません。
国において助成制度のさらなる拡大については私も思いは同じです。しかしそれまで待てない緊急性があります。知事には必要な時に医者にかかれなかったとの回答がゼロになるようにする責任があるのではないか。道としてまず一歩踏み出す決断をと迫りました。







2018年10月12日金曜日

胆振東部地震被害に直面して!

 9月6日の未明に起きた胆振東部地震が全道各地に大きな被害を及ぼしました。
 小樽市内も6日・7日と停電が続き、我が家も電気が復旧したのは8日夜10時でしたが、
市内でも遅いほうではなかったでしょうか。
 ラジオと懐中電灯、カセットガスコンロが頼りの二日間でした。
 
 8日には高速バスが運転を開始しました。高橋千鶴子衆議院議員、畠山和也前衆議院議員、道議団は札幌市清田区、厚真町の被災現場に足を運びました。被害の状況を目の当たりにし声も出ません。
 厚真町の避難所での聞き取りなどを参考に9月の議会では道議団として避難所運営の改善(ダンボールベッドの配備、安易トイレの整備等)についても取り上げました。
 
 予算特別委員会では損壊墓石への対応について質問しました。
 
 地震によって倒壊した墓石を除去して、廃棄したい旨を所有者が市町村に申し出た場合は、例外的に災害廃棄物として取り扱うことが可能であり、この度の災害においても国の事業である
「災害等廃棄物処理事業」の活用が可能になります。
 道の環境局によると「被災自治体から相談が寄せられている」とのことです。
 
 お墓を産業廃棄物の対象に?との思いもあるでしょう。被災された方々が少しでも経済的負担を少なくいっぽ前に進めるような配慮の行き届く対応を道に求めました。
  
 この制度活用も中越地震、熊本地震を経て、共産党の議員が環境省に求めて対象になったとのこと。
                  厚真町吉野地域の山崩れの現場にて
予算特別委員会で質問
 

2018年9月8日土曜日

 過ぎることはない災害への備え!



 北海道胆振東部地震では小樽市でも学校7か所とウイングベィ1か所で避難所が開設され、334名の方が避難されたそうです。
 小樽市議の皆さんと避難所にお邪魔してお話を伺ってきました。
 もうすでに通電していた避難所、まだ発電機で発電している避難所様々でしたが、避難されている方々は明るい日中はいったん自宅に戻ったり銭湯に
行かれたりしてるとのこと。
 「夜暗い家にいたら不安になるし、余震も心配。ここなら安心できる」「ベッドも作ってもらい感謝しています」といったお話も伺ってきました。
 通電していない避難所ではスマホなどの充電は出来ないので医療用酸素マスクの充電を言い出せずにいる方も。
 命にかかわることなので早速の対応を小樽市に要請しました。小樽市は一部通電していますが、信号機もまばらで交通機関は自家用のみです。
 
「過ぎたるは及ばざるがごとし」といいますが万全とは言えないのが 災害への備えではないでしょうか。

 

2018年7月17日火曜日

基本は住民本位~合意を得るために審議を尽くす  菊池一春町長の姿勢から学ぶ

 第23回小さくても輝く自治体フォーラムに参加しました。
今年は7月13日~14日と常呂郡訓子府町に全国各地から3000人が集結。
記念公演は劇作家 平田オリザさんの「文化による地方創生」
農業を基幹産業とする訓子府町は早くから農業基盤整備で良質な土づくりを行い、そこから生まれる特産品のメロン、玉ねぎ、馬鈴薯、小麦などの多岐な作物が消費者から高い評価をうけています。
さらに菊池一春町長の「住民に寄り添う」姿勢から生まれる「安心して子育てできるまち」「高齢者にやさしいまち」が随所にちりばめられた町内視察は町長自ら案内をしてくださいました。


 都市への一極集中で人口減少に歯止めがかからない状況の中で自発的に人口減少に負けない総合的な地域づくりに真摯にとりくみ数多くの成果を上げている農山漁村の取り組みをい大いに学びあった二日間でした。

写真は「 認定子ども園」
0歳児がはだしで外遊びができる自然芝の中庭。
才児別の保育室では二部屋ごとに、どちらの部屋からも出入りできるトイレを配置。写真は1~2才児室のトイレ
玄関ホールにしつらえた絵本の部屋~宇宙のような円形の空間。


訓子府町菊池一春町長


2018年5月22日火曜日

カジノがもたらすもの


 6月20日までの国会会期も一カ月を切りました。
安倍政権はカジノ実施法案の審議入りを衆議院運営委員会の委員長職権で決めるなど
強引です。

カジノは賭博。
ギャンブル依存症などのリスクも大きい。

大門実紀史参議院議員・畠山和也前衆議院議員、道議団
苫小牧市にお邪魔しました。町田雅人国際リゾート戦略室長は
「カジノによる経済効果は大きい。カジノのないIRは機能せず雇用規模も小さい」
と言います。
しかしギャンブル依存症対策となると(パチンコなどによる現在すでに依存症で苦しんでいる
人たちが相談できる公的機関や治療できるところはない)とのことです。

候補地と言われている場所の近くまで案内してもらいましたが大事にしたい自然林ですよね。




2017年11月25日土曜日

道政報告会



好天に恵まれてたくさんの方に参加いただきました。

第三回定例会を中心に報告しました。

「議会庁舎の建て替え」について共産党道議団の考えや建設スケジュールについて説明を求められました。

現道議会庁舎は築66年目を迎えています。
耐震性に課題があることやユニバーサルな庁舎としての機能を発揮するには新築が必要と考えていること。低コスト、環境負荷の低い建設に配慮すること。議会の活性化につながる新庁舎にするよう申し入れをしていることなどお話ししました。
2020年春完成のスケジュールです。


第四回定例会は11月28日から12月14日まで開催されました。
今定例会では予算特別委員を務めました。
  • 大規模建築物の耐震化とりわけホテルや旅館等の耐震化への取り組み
  • 海岸保全施設(離岸堤など)の改修・補強予算について
  • トドなど海獣被害対策について
  • 日・EUEPAやTPPなどによる道内農業、酪農への影響、対策について
  • 学校トイレの様式化・教育支援センター設置拡充

などについて質問しました。

少しは原稿から顔をあげて質問できるようになりましたが、
まだまだカメラマン泣かせです

  

2017年10月30日月曜日

みんなで力合わせ銭函駅のバリアフリー化!

 22日投開票の総選挙。
北海道でも四区でも市民と野党の共闘候補
がんばりました。
共産党は議席を減らしましたが、安倍政治の暴走にストップをかけ、憲法改悪をさせない。
その立場で臨んだ選挙戦。
多くの財産と経験糧に次へのステップを踏み出します。


26日の銭函駅前で新谷とし市議会議員と選挙戦の結果報告・決意のあいさつ!


銭函駅がエレベーターが設置され、スロープも着きバリアリアフリー化に。
住民の皆さんが署名も集め、私も道議会でも取りあげ、JR北海道や政府へも要請しました。
みんなの力で実現!


2017年9月28日木曜日

北海道・東北六県議員研究交流大会に参加!




 8月30~31日に北海道・東北六県議員研究交流大会に参加しました。持ち回り開催で今年は秋田県でした。地域に共通する政策課題等の情報と意見の交換を通し、議員の研鑽を図り、議会の活性化、活力に満ちた地域づくりに寄与することを目的に開催されています。
基調講演と分科会があり、私は「医療提供体制の確保・充実」(第二分科会)に出席しました。人口十万人対医師数の都道府県比較では、北海道東北六県とも下位に位置し、医師不足への対応が迫られています。岩手県では医師不足の悪循環を断ち切るため、全国初の試みとして県内の保険・医療分野~産業界、学校関係団体、行政の団体が参画した「県民みんなで支える岩手の地域医療推進会議」が設置され県民運動が展開されているとの報告。東北6県を合わせた面積より広大な北海道。道民の命、健康を守る取り組み。地域医療をどう充実させていくか…大きな課題です。

 基調講演は「地域力とリージョナルシアターの役割」と題した株式会社わらび座代表取締役の山川龍巳氏のお話。
 
 わらび座には40年近い前に訪れた記憶があります。いまやエンターティメント複合施設を構える秋田芸術村として16カ国以上で海外公演を繰り広げているとのこと。北海道との関連では来年度ミュージカル「北前ザンブリコ」の全国ツアー、北海道命名150年記念ミュージカル「松浦武四郎とアイヌ」を予定してるそうです。

35年以上の実績を持つ教育旅行の受け入れは毎年全国から150校。東北地方での人づくり熱く語ってくださいました。



北前船つながりで渡島選挙区(民進党)笹田浩道議会議員、山川わらび座社長と一枚パチリ!

2017年9月12日火曜日

2017年8月23日水曜日

歴史遺産の活用に期待



 お盆前に義母が他界し何度か三笠市に足を運んでいるうちに北海盆踊り大会を見てみようかとの話になりました。
 櫓もきらびやかに装飾され、屋台も列をなす賑わい。
 仮装おどりの審査もあり、花火でテンションも上がります。工夫を凝らした仮装(個人・団体)の踊りの中でもひときわ人気を博していたのが小気味よい踊りを披露してくれた金太郎さんと桃太郎さん。見物客から大きな拍手がわいていました。
 かつての炭坑町としてのにぎわいを彷彿させるひと時でした。




 せっかくなので幌内線の形跡の写真も数枚。昭和63年に廃止された線路跡は草原と化していました。
  いま炭抗、鉄道、港といった石炭でにぎわっていた往時の遺産を見直し、活用しようという試みが活発になっています。先人が築いた歴史を敬い、さらに地域活性化につなげていく。
 さまざまなアイディアが生かされるとうれしいですね。

2017年7月13日木曜日

ロシア連邦サハリン州議会来日

 7月13日(木)



 北海道議会とロシア連邦サハリン州議会との交流。
今年はサハリン州議会の代表団が北海道に訪問い
ただきました。
 エフレモフ・ウラジミル議長を団長とする12名の代表団です。
 
10時30分からは議会表敬訪問 
夕方6時からは友好交流意見交換会が開催されました。
カメネフ・アンドレイ経済開発常任委員会委員(統一ロシア派)第一期事務局員のウトキン・ウラジミルさんと一緒のテーブルに着きました。
 先日日ユ協会の総会でいただいたやさしいロシア語会話集をカンニングペーパーにしてひたすら「スパシーバ」(ありがとう)を繰り返していたところ、 あちらではなんども乾杯をするようでウラジミルさんが「よう子さんがもっとロシア語を上手になりますように・・乾杯」と言って杯をあげてくれした。期待にこたえられるでしょうか。
 真下紀子団長とイワノブァ・ベストラーナ(ロシア共産党派)第6期・国家建設、議会規則、地方自治常任委員会委員と記念写真です。


2017年6月11日日曜日

共謀罪は反対デモ行進



共謀罪反対市民集会・デモ行進続いて駅前スタンディング。
市民の風有志のバンドがわかりやすい替え歌で共謀罪を告発していています。

♪ おいで皆さん聞いとくれ

共謀罪って知ってるかい ♪

♬しゃべっただけで罪になる

そんな法律誰が要る? ♪

♪ 会社の同僚と飲みに行き

ゴマすり上司に腹立てて ♬

♬ 殴ってやると言っちゃって

翌朝みんな捕まった ♬

(^^♪ 受験生ブルースの替え歌

2017年5月28日日曜日

年金者組合小樽後志支部の第30回の定期大会



午前中は年金者組合小樽後志支部の第30回の定期大会。来賓として挨拶しましたが、支部長さんの気迫こもる挨拶に圧倒されました。σ(^_^)午後は地域医療の学習集会。医療・介護改悪させないために学び、連帯して運動が大事です。

2017年5月24日水曜日

平和行進





2017年平和行進inおたるです!6月15日から国連では「核兵器禁止条約」の交渉会議の第二会期が始まります。世界に連帯して通し行進者の平岡さんと行進。道行く人たちからもいっぱい応援いただきました!行進後は交流会。おたる名物八角刺身も歓迎中。

2017年5月22日月曜日

お花見


花見の時期を逃さず!鉄板で豪快にジンギスカン。お腹いっぱい?まだまだお次は焼きそば。
スタミナつけて「共謀罪」阻止!さあ!これからこれから!

2017年5月20日土曜日

JR函館本線の存続を求める住民の会総会




午前中「共謀罪強行採決」に抗議宣伝。

午後はJR函館本線の存続を求める住民の会総会に参加しました。
地域の歴史文化を活かした観光まちづくりの講演(高野宏康先生 樽商大)。函館線の歴史、地域資源としての活用など勉強になりました!

2017年5月13日土曜日

くつろぎ食堂


集まって楽しくお食事し、簡単な運動も。いつまでも元気で過ごしたい。今日はくつろぎ食堂「ぽぽろ」にお邪魔してます。皆さんの美味しいお顔紹介したかったのに…スマホのカメラがご機嫌ななめ。この後共謀罪創設反対宣伝でマイクを握りました。強行的に可決なんて断然許せません!

春のお花報告 ②





おたる健康友の会春の大交流会でご挨拶。先日来の道外視察の報告も。この交流会は回を重ねて今年で18回目とのこと。中井副所長の健康講話「健康で長生きできる睡眠」や元気体操でパワーアップ。
小樽の春の情景とともにお届けします。

2017年5月5日金曜日

同窓会



札幌市厚別の夜。礼文町船泊中学の同窓会のひと幕です。私は1年間だけの在籍だったのですが声をかけていただき感謝感謝です。卒業50年節目の同窓会で昔懐かしく「よっ子」「たかし」と呼びあえる幸せなひとときを過ごしています!


2017年5月4日木曜日

メーデー


さわやかな春の一日とは言い難い肌寒すぎた日ですが、5月1日は第88回目のメーデーです。

 神保大地弁護士を講師に「共謀罪」の学習会をしました。滑舌よい話しぶりはさすがです。内容も深刻・重大ですから参加者一同熱心に聞きました。
私も連帯の挨拶をして、さあ!デモ行進です!8時間働き8時間睡眠8時間家族と楽しく過ごす。そんな当たり前の社会にしましょう!