2020年8月15日土曜日

二度と戦争への道は歩ませない

75年目の終戦記念日。「二度と戦争への道は歩ませない」
創立98年命がけで戦争に反対を貫いた日本共産党の歴史です。
酒井隆祐、高野さくら両小樽市議と訴えました。

 その後、治安維持法犠牲者国会賠償要求同盟の宣伝に合流して丸山晴美小樽市議とマイクを握りました。

 1925年から1945年まで絶対的天皇制のもとで治安維持法により
拷問、虐殺で命を落とした人たち。日本政府に戦前の悪法での被害者への謝罪、損害補償を求めています。

 治安維持法の時代実態を知らせる活動を途絶えさせずに歴史の教訓としていくことが、再び暗黒
政治を歩まない道につながります。

2020年8月6日木曜日

平和願う灯籠流し

 広島に原爆が投下されてから75年。

新型コロナウイルス感染対策上世界大会はオンライン開催となりました。  

 小樽運河浅草橋での平和を願う灯籠流しは今年も行われています。

 例年と違い観光客は少ないのですが素敵なカップルが灯籠を流してくれました。

地元市民団体と原水協で開催中。  

小樽倉庫のお客様が建物の中から写真を撮っている様子をパチリ。