2020年7月7日火曜日

いろいろあります新型コロナ対策議会

 新型コロナウイルス対策第4弾となる3、677億円6、700円の一般会計補正予算等の審議を終え第2回定例道議会は7月3日に閉会しました。6月16日の招集日に300億円のコロナ対策予算案の冒頭審議で質問に立ちました。    
 鈴木知事は「感染リスクを低減しながら社会経済活動を行っていくと「新北海道スタイル」を道民と事業者にその実践を求めています。実践の呼びかけ、周知を図っていくための事業費4、300万事業計画について質しました。すでに経済部の既決予算で2、500万円を活用したCMがながされてきました。それらがすべて北海道電通との契約です。道庁幹部で作る検討委員会でわずか10分の審査で日本の契約が決まっています。国の持続か給付金が電通丸投げで問題になっている中はじめから電通ありきといわれても仕方がない審議のあり方です。。緊急性と言えば何でもまかり通る契約のあり方は再検討すべきと強く批判し、補正予算案には賛成しました。
 
 
 
今議会からは新しい議会庁舎での審議でした。会派の部屋は南西に位置する角部屋。
日が差し込み他会と比べても一番明るいとか。
壁に下の写真で紹介する絵が飾られました。菊地所蔵の絵ですが、自宅で日の目を見ずにしまい込まれていたものです。シルクスクリーンの素敵な作品ですよ。是非一度議会傍聴も兼ねながら控室にお立ち寄りください。